日々是アメリカンジョーク > ずるがしこいジョーク > カナダ式決闘

ずるがしこいジョーク

カナダ式決闘

 
国境をはさんで、仲の悪いアメリカ人とカナダ人が住んでいました。

ある日カナダ人が外に出てみると、自分のニワトリが、アメリカ人の家の庭に入って卵を1個産んでいるのを見かけました。
それを見つけたアメリカ人が卵を持ち帰ろうとしました。

それを見たカナダ人が言いました。
「待て!その卵はうちのニワトリが産んだんだからうちのものだ!」

するとアメリカ人が答えます。
「何を言っているんだ。うちの庭で産んだんだから卵はうちのものだ!」

お互いが所有権を主張してどうしようもなくなったところでカナダ人が提案しました。
「カナダではこういう時に決闘をする。」
「相手の股間をけり上げて、早く立ち直った方が勝ちという決闘だ。」

アメリカ人が答えました。
「いいだろう。それで決着をつけよう。望むところだ!」

「それじゃあまず俺から行くぞ。」
カナダ人はそう言うと、一番重くて硬いブーツをはき、助走をつけてアメリカ人の股間を思いっきりけり上げました。

「うがぁ!ううっ・・・」
その場にくずれ落ちたアメリカ人はもだえ苦しみ、1時間後にようやく起き上がることができました。
そして、
「くそっ、じゃあ今度は俺の番だ!覚悟しろ!」

するとカナダ人はアメリカ人の攻撃をサッとよけて言いました。
「俺の負けだ。その卵は持って行け。」


くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。

<<選挙対策 | 日々是アメリカンジョークトップへ | なぜ分かる?>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。