日々是アメリカンジョーク > ずるがしこいジョーク > 灰になる

ずるがしこいジョーク

灰になる

 
大金持ちのおじいさんは重い病気にかかり、先が長くないことを知ってしまいました。
そこで、信頼できる医者、神父、弁護士の3人を枕元に呼びました。

「・・・金が私の人生のすべてだった。これまで築いた財産を残して死にたくない。」
「ここに、10万ドルずつ入った封筒が3つある。」
「君たちを信頼してこれを預けよう。」
「私が死んだら、棺に一緒に入れてほしいのだ。頼む・・・」

3人は神妙な面持ちでうなずきながら、封筒を受け取りました。

そしてちょうど1週間後、おじいさんは帰らぬ人に。
葬式の日、医者、神父、弁護士の3人は棺の中にそれぞれ封筒を入れました。

帰り道、医者は言いました。
「実はうちの病院、最新の医療器具を買うお金が足りなくて。」
「悪いことと知りながら、封筒の中から2万ドル使ってしまい、棺に入れたのは残りのお金だけなんです・・・」

それを聞いて神父は言いました。
「ああ、私も懺悔しなくては。」
「うちの教会は屋根が破れたままで、このままでは貧しい人々を救うこともできません。」
「悪いことと知りながら、封筒の中から5万ドル使ってしまい、棺に入れたのは残りのお金だけなんです・・・」

それを聞いて弁護士は言いました。
「君たち、なんてことを!」
「あきれた人たちだな。恥を知りなさい!」

「私は言われたとおり、棺にちゃんと全額10万ドルの小切手を書いて入れましたぞ!」





くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。

<<蜘蛛の糸 | 日々是アメリカンジョークトップへ | 新聞売り>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。