日々是アメリカンジョーク > ずるがしこいジョーク > 1億の大きさ

ずるがしこいジョーク

1億の大きさ

 
ジョニーは算数が苦手。
いま学校で大きな数を習っているのですが、1億ってどのぐらいなのかわかりません。
宿題を途中で投げ出し、河原で雲を眺めていました。

雲は少しずつ形を変えていきます。
犬のように見えたかと思うと、どんどん大きくなって人間のような形になり、更に大きくなって、本で見たことのある神様そっくりな形になりました。

そして雲がしゃべりはじめました。
「ジョニー、何をしてるのかね?」
「神様?!」
「そうだよ。宿題はどうした?」
「神様、ボクね。1億ってどれぐらいかわからないんです。だから宿題するのいやになっちゃった。」
「1億ねえ。どう説明したらよいかな」

「じゃあ例えば、1億年ってどれぐらい?」
「1億年か。君にとっての1億年は私にとっては1分と同じだよ。」

「そうなの?じゃあ1億ドルってどれぐらい?」
「1億ドルか。君にとっての1億ドルは私にとっては1ドルと同じだよ。」

「うわ!神様、お願いがあります!ボク、おこづかいがほしいんです。1ドルだけでいいんです。神様の1ドルをください。ボク、宿題も一生懸命やります。ママの言うこともちゃんと聞きます。」
「いいとも。1ドルぐらいおやすいごようだ。」
「ほんと!?やったー!!」

「ああ。ちょっと取ってくるから、そのまま1分ほど待ってなさい。」





くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。

<<当選金の使い道 | 日々是アメリカンジョークトップへ | 伝統的経営手法>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。