日々是アメリカンジョーク > ずるがしこいジョーク > 伝統的経営手法

ずるがしこいジョーク

伝統的経営手法

 
伝統ある大企業で、業績悪化のため社長が交代することになりました。
交代の日、前社長は新社長に3つの封筒を渡しました。
封筒にはそれぞれ1、2、3と番号がついています。

前社長は新社長に封筒を渡しながら言いました。
「会社に問題が起きたら、封筒を1つずつ開けてみてください。」

「1つずつですね。わかりました。」
新社長はうなづきました。

交代後しばらくは順調だったものの、半年もすると会社は危なくなりました。
困った社長は1つ目の封筒を開けました。
そこには『前任者を非難せよ。』とありました。

早速社長は記者会見を開き、業績が悪いのを前社長の責任にしました。
このことが大々的に報道されて、今後への期待感から株価が上昇し、売上も回復しました。

しかし3か月後、再び業績悪化。
社長は2つ目の封筒を開けました。
そこには『リストラせよ。』とありました。

社長は大幅な人員整理を行い、経費削減に成功。
会社は復活しました。

しかしさらに2ヶ月後、またまた会社は深刻な危機に直面しました。
とうとう社長は3つ目、最後の封筒を開けました。

そこには、こう書かれていました。

『3つの封筒を用意せよ。』





くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。

<<1億の大きさ | 日々是アメリカンジョークトップへ | 大変な救出劇>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。