日々是アメリカンジョーク > 職業ジョーク > 頬がこけている男の髭をそる方法

職業ジョーク

頬がこけている男の髭をそる方法

 
ある床屋で、理容師が男の髭をそっていました。

「お客さん、この玉を頬の内側と歯茎の間に入れてごらんなさいよ。」
引き出しから小さい木製のボールを取り出して言いました。

男が言われたとおりにすると、剃りづらかった頬がきれいに剃れました。

「こりゃいいや。こんなにきれいに剃れたのは初めてだ。ところで親父さん、もしこのボール、間違って飲み込んじまったらどうなるんだ?」

「はは、それなら大丈夫でさ。」
理容師は笑いながら答えました。
「他のお客さんみたいに、次の日に返してくれりゃ結構です。」




くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。
 


<<もし煙草を吸わなければ・・・ | 日々是アメリカンジョークトップへ | 大切なのは手段ではなく結果>>


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。