日々是アメリカンジョーク > おバカジョーク > 人違い

おバカジョーク

人違い

 
ある日、キリストが天国の真珠の門の前を歩いていると、天使がキリストに頼みごとをした。
彼が休憩している間、門番を代わってくれという。

キリストがこれを引き受けてから数分後、1人の老人がやってきた。
その男は本当に年老いていた。
足並みもぎこちなく、非常にゆっくりと歩き、髪は長く真っ白で、あごひげも長く真っ白だった。

キリストが声をかけた。
「何かご用でしょうか?」

老人は震える声でこう答えた。
「はい。私は息子を捜しているのです。」

キリストは助けてあげたかったが、それは無理だと思った。
なにしろ天国には無数の人々がいるのだ。

老人は、言葉を続けた。
「私には息子を簡単に見分けられるはずなのです。」
「なぜなら息子の手と足には穴が開いているからです。」

キリストは思わず老人の顔を見直すと、こう言った。
「ファーザー?」
老人もキリストの顔を見ると、こう言った。
「ピノキオ?」

 


くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。
 

<<人の悩みは分からない | 日々是アメリカンジョークトップへ | ありえない>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。