アネクドート

間に合わない

 
ロシアパラシュート部隊の新兵が、初めてのパラシュートによる降下を前に隊長に歩み寄った。
「同志隊長殿!質問させていただきます!もしパラシュートが開かなかったらどうすればよろしいのですか?」
「もしメインパラシュートが開かなければ、予備パラシュートを開きたまえ。」
「同志隊長殿!ではもし予備パラシュートが開かなかったらどうすればよろしいのですか?」
「そのときは私のところへ来たまえ。新品一式を支給する。」

 


くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。
 

アネクドート

言論の自由

 
アメリカの旅行者がモスクワ市民に声をかけました。
「プーチン体制化のロシアでもアメリカのような言論の自由があるって本当ですか?」

モスクワ市民は答えました。
「ええ、原則自由ですよ。」
「例えばアメリカのホワイトハウスの前で『くたばれ、ブッシュ!』って叫んでも罰せられませんよね?」

「ロシアでも赤の広場の前で『くたばれ、ブッシュ!』って叫んでも罰せられませんよ。」


くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

リンク歓迎。くすっ!と笑っていただけましたらリンクをお願いします。

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。

アネクドート

スターリンの政治手法

スターリンは党大会で報告を読み上げていた。
そのとき誰かがくしゃみをした。

「だれだ、くしゃみをしたのは?」
(沈黙)
「第1列!立て!撃ち殺せ!」
(拍手)

「だれだ、くしゃみをしたのは?」
(沈黙)
「第2列!立て!撃ち殺せ!」
(長い長い拍手)

「だれだ、くしゃみをしたのは?」
(沈黙)

そして背後から落胆しきったすすり泣く声がした。
「わたしです。」

スターリンは身を乗り出して言った。
「お大事に、同志!」


くすっ!と笑っていただけましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

日々是アメリカンジョークのトップページに戻る。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。